肌バリア機能の回復

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

アトピーの原因について説明してきました。アトピー性皮膚炎の治療には、炎症を抑える薬物療法が一般的ですが、薬だけに頼らず症状を改善したいという人も多いでしょう。

皮膚のバリア機能は、外部のさまざまな異物が皮膚の中に侵入するのを防いだり、体内の水分の蒸発を防いだりする働きがあります。アトピー性皮膚炎の皮膚は、もともと乾燥しやすい性質に加え、このバリア機能が低下しているため、異物が侵入しやすく、炎症が起こって慢性的にかゆみや湿疹などの症状が現れてしまいます。アトピー性皮膚炎の症状を改善するためには、皮膚のバリア機能を回復させることが大切です。

肌バリア機能のためには、正しい保湿ケアが必要です。肌の角質層の細胞はレンガのように積み重なっていますが、乾燥することでこの角質層に隙間が出来てしまうのです。こうなるとアレルゲンや紫外線などの異物が侵入しやすくなってしまうということなのです。

そのレンガの隙間を埋めるセメントのような存在がセラミドです。セラミドは、水分が肌から逃げないように保ってくれていて、外部の刺激から肌を守ってくれています。皮膚のバリア機能を回復させるためには、このセラミドが重要ですので、セラミド配合の化粧品を選んで保湿をするようにしましょう。

また、セラミドの粒子の大きなものは肌に浸透しないので、ナノ化している粒子の細かいものを選ぶこともポイントです。そして、栄養不足はセラミドを減少させますから、スキンケアだけではなく、肌バリア機能回復のために食事にも気を使いましょう。皮膚のもとになるタンパク質、アミノ酸を食事で摂取することをおすすめします。肉、魚、乳製品、卵などはタンパク質が豊富ですから積極的に摂りましょう。

Published by